久保 未花さん
私は高校を卒業した年の4月に本校に入学しました。初めは、新生活への不安と夢への期待で胸がいっぱいでした。しかし、入学してすぐに行われるコミュニケーション研修で仲間との距離を一気に縮めることができ、先生方による質問しやすい環境作りのおかげで新生活への不安はすぐに取り除かれました。
新学期の授業が始まると座学を中心とした質の高い授業の中に看護技術を身につけるための演習があります。1年生で初めて行く12月の実習に向けた技術練習を行いました。ここでは、今までふわふわしていた自分の夢が現実的なものとなり、自分の志しに大きく影響を与えてくれました。
初めての実習では、いくつもの壁に直面しましたが、そのたびに共に頑張る同志ともいえる仲間からの励ましや先生方からの全力のサポートがあり、スキルだけでなく人間としての素質を磨くことができました。
これから看護師を志すにあたって沢山の困難が次々とあらわれると思いますが、必ず夢を叶えてみせます!!
是非、本校に来て一緒に頑張りませんか。
b_illust_16_1M


扇 舞美さん

入学してからあっという間に1年が経ちました。12月には初めての実習もあり、とても不安で大変な毎日でしたが、同じ看護師を目指す仲間や親身になって話を聞いてくださる先生方のおかげで乗り越えることができました。また、患者さんからの「ありがとう」の言葉は看護師の道を選んでよかったと心から思った瞬間でした。
看護の勉強は覚えることが多く、初めて聞く医療用語に戸惑うこともありますが、日々新しいことを学ぶことができ、とても充実しています。残りの2年間、立派な看護師になれるよう、一生懸命頑張っていきたいと思います。
b_illust_51_0M

 
原嶋 樹里さん
高校生の時の看護体験を通して、看護師さんの姿や患者さんが元気になっていく姿を見てとてもやりがいのある仕事だと思い、看護師になりたいと思うようになりました。講義では、医療人といての基礎知識から専門職としての技術まで様々な勉強をしています。また、幅広い年齢層の方がいるため、グループワークなどでは、自分とは異なった考え方に気づくことができ、自分の視野を広げることができます。分からないことは、先生方が丁寧に親身になって教えてくださるので、計画的に技術練習や勉強を頑張っています。学校の場所が天神や博多駅に近い位置にあるため、学校終わりに友達と一緒に遊びに行くのも放課後の楽しみの一つです。